武内病院ホーム  >  施設・部門紹介

施設・部門紹介

部門紹介 / 施設紹介

施設紹介

マルチスライスX線CT装置「SCENARIA」

64列CT「SCENARIA」は、二次元散乱線コリメータを備えた0.625mm×64列の検出器、2880view/sの高速データ収集、Feldkamp法に比べて高画質な日立独自のCORE法による画像再構成を中心として、心臓だけでなく全身を0.35秒スキャンで撮影できることを特長としている。

詳細をみる


尿路結石破砕装置 モデュリスSLX-F2

昭和62年8月から改良型HM3という装置でESWLを始めました。
平成18年7月から現在のモデュリスSLX-F2に変更し、破砕成績は良好である。

高密度焦点式超音波前立腺システム(HIFU)

平成18年4月に東海3県ではじめて導入し、前立腺癌治療の選択肢をひろげ、患者さまのQOLを考えニーズにあうように努めています。

感染性廃棄物処理装置(サニクラッシュ・スーパー160L)

感染性廃棄物を非感染性廃棄物にする装置です。廃棄物を焼却せずに、ばい煙やダイオキシンの発生を抑制した加熱窒素滅菌処理法で処理しております。

ページTOP PAGE TOP PAGE BACK