武内病院ホーム  >  当院について

当院について

ごあいさつ / 理念・基本方針 / 病院概要 / 沿革

ごあいさつ

理事長 武内 秀之

暲純会は創始者 武内暲純が昭和27年9月に津市北丸之内82(旧東検校町1819)に武内小児科医院を開設致しましたのが礎であります。昭和34年5月には現相談役 武内純四郎と共に20床の病院を開院致しました。

その後、平成3年4月に医療法人 暲純会、さらに平成19年3月にはより公益性の高い特別医療法人 暲純会、平成24年3月には特定医療法人 暲純会となり、現在に至っております。

暲純会は「武内病院」 「榊原温泉病院」 「津ファミリークリニック」 「津看護専門学校」の4施設から成り立っております。武内病院と榊原温泉病院は、一般の急性期の医療機関や国立総合病院と連携をとり、さらに大学病院の後方支援としての役割も果たしております。津ファミリークリニックは地域に密着した総合診療と訪問診療に力を注いでおります。また津看護専門学校は既に約800名を超える看護師を育成し、地域医療に貢献しております。

暲純会の理念であります“地域の皆様が安心して医療が受けられる、温かい医療環境の提供に努めます”を基本方針として、少子高齢や日々高度専門化する医療に対応しながら、今後も地域住民の方々から信頼され、ご支援いただける病院として全職員、全力をあげて努力していく所存です。



院長 武内 操

院長 武内 操武内病院は今年で創立50週年を迎えました。ここまで発展できましたのは、近隣地域の先生方はもとより住民の皆さまのご理解とご支援によるものと深く感謝申し上げます。

武内病院の診療科としましては、内科一般、循環器・消化器・血液・腎臓内科の専門内科、泌尿器科、外科を常勤医師で行っており、整形外科、神経内科、皮膚科は非常勤医師で行っております。主要診療の透析医療は、昭和46年から開始され、平成18年5月に免震構造をもつ最大可能ベッド数120床の人工腎センターを新設いたしました。内科と泌尿器科が協同で診療を行い、現在約350名の患者さまの透析を行っております。近隣施設からの紹介患者さまの血管インターベンション治療、シャント作成・再建や特殊な血液浄化法まで幅広く対応し、腎疾患はもとより、その原因となります糖尿病や高血圧を中心に予防・診断・治療を行っております。三重県における透析医療の最後の砦となるべく、急性期から慢性期における入院透析対応機能を生かし、チーム医療で患者さまのQOLの向上に努めております。

泌尿器科におきましては、東海三県で初めて尿路結石治療に体外衝撃波結石破壊装置を導入し、以来患者数は現在まで約15,000人に達しております。また前立腺癌の治療におきましては手術以外にも先端医療である高密度焦点式超音波治療(HIFU)を行っております。

現在建物の老朽化に伴い、新病院の建設が急務となっております。新病院の建設計画において、もう一度ワ純会の施設間の役割分担を明確にし、救急医療の充実を図り、地域包括ケアシステムにおける急性期医療から慢性期医療、在宅医療、さらに社会福祉法人明合乃里会による介護まで、地域の皆さまに途切れのないサービスが提供できるよう進めております。

ワ純会の基本方針のなかに、「健全な経営を確保し、職員にとって働きがいのある病院となるように努め、患者さまの立場にたった医療と看護を目指し、快適な病院環境の整備に努める」とあります。今後も地域の皆さまから高い評価と大きな信頼とご支援を得られる病院となるよう、職員心を一つにして病院運営に取り組みます。また、津市の二次救急病院として、地域医療に貢献するとともに、かかりつけ医との良好な連携の実現に努力してまいります。

今後もさらなるご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページTOP PAGE TOP PAGE BACK